【イヤホン】フラットでモニターライクなWestone UM Pro30をレビュー

どうも、あぷまに@i_AppleMania)です。

最近気になっていたイヤモニを手に入れたので紹介します!

Sponsored Link

目次

音楽を聴いたり動画を観るのになにか良いイヤホンがないかここ最近探していました。

これまで、様々なイヤホンを買ってきました。
どんどん“良いイヤホン”を追求していくうちに、イヤホンに対するこだわりが強くなってきました。
完全にイヤホスパイラルに陥らないうちに、ということで、本当に満足できる高級イヤホンを買いました!
もしこれ以上のものを買うとしたら、次はカスタムIEMになると思います。

*このようなイヤホンを買うのは初めてですので、完全に初心者の観点でレビューします

UM Pro30を選んだ理由

まずイヤホンを選ぶ理由として、

  • フラットでバランスの良い音を鳴らす
  • 高解像度でクリアな音を鳴らす
  • ケーブル着脱可能(MMCXコネクタ)
  • 耳の装着感が良い

というものが挙がりました。
簡単にいえば「モニターライクな音を鳴らして、使い勝手の良いもの」です。

そんなイヤホンを探した結果、WestoneのUM Pro30になったわけです。

開封

▼ しっかりとしたパッケージになっています。
外の紙を外すと手触りのいい質感の化粧箱が磁石の蓋で閉じてあります。

▼ Westone純正のイヤーピースに、キャリングケース(Monitor Vault)が付属しています。

イヤーピースはシリコンのようなものとコンプライのようなソフトのものの2種類が5サイズあります。僕は一番小さなサイズのソフトを装着しました。

キャリングケースは丈夫かつ防滴仕様です。これなら安心して持ち運べますね。

▼ モニターヴォルトキャリングケースの中はこのようになっています。もふもふが衝撃を吸収してくれます。

▼ イヤホン本体です。UM Pro30はスモークとクリアの2色がありますが、こちらはスモークです。

半透明なので中のドライバーも見えますね。このデザインが安ぽっくて残念というレビューが多いのですが、僕はこのシンプルでかっこいいデザインが好きです

ケーブルのコネクタは、UEやShureなどでも使われているMMCXが採用されていますね。

▼ コネクタはL字型ですね。結構細いです。

装着して聴いてみた

▼ 指でつまんでクシュクシュして、

▼ Shure掛けで装着します。フィット感抜群で安定です!

やはりバランスがよくどの音もはっきりと聞こえてきます。
BAドライバーが苦手な低音ですが、十分に出ています。低音のドライバーは1つしか搭載されていないのに。
強いて言えば低音が少しだけモヤッとしています。中高音域はかなり綺麗になっています。

また、様々なレビューでは音場が広さが凄いというわけでしたが、思ったよりは(特別に)広くはなかったです。(狭いわけではありません)

こんな方におすすめ

やはり、僕のようなモニターライクな音が好きな方にはかなりオススメです。
ドンシャリ型やかまぼこ型などといった傾向の音が好きな方にが、物足りないと思ってしまうかも知れません。
ですが、この音の再現性はかなり高いです。

ドライバーがカスタムIEMと同じものを使っているだけあって、音はカスタムに負けないくらい良いらしいです。「カスタムが欲しいけど、ちょっと手は出せないなぁ」という方にもオススメ…僕のことです。

▼ ポータブルアンプも買ってみました!是非ご覧ください。

【AK10】スマホでも聴けるハイレゾ対応DAC搭載ポータブルアンプをレビュー | AppleMania 〜あぷまに〜


Sponsored Link

GeekGlasses

新Webサイト開設しました!

GeekGlasses

Share

シェアしよう
  • Tweet
  • Pocket
  • Like

ブログの情報はこちらから!

個人アカウントはこちら!

サイドバーを見てみよう

PCの方は右、スマホの方は下にサイドバーが表示されています。
関連記事などなど、このブログに関する様々な情報を見ることできます!

GeekGlasses

新Webサイト開設しました!

GeekGlasses
to top
  • Tweet
  • Pocket
  • Like